コネクタドック(浮き桟橋)の秘密の穴!

こんにちはレスコの壁谷(雄)です。

弊社取扱いの浮桟橋は回転成形加工という方法で製造されています。

いくつもある成形法がある中で回転成形加工を選びコネクタドック(浮き桟橋)を製造するのには理由があります。

浮き桟橋を選択する際に、とても大切な構造強度面において他の成形と比較して高いこと。その他の理由として製造過程で生じる残留応力がとても少なく耐衝撃性に優れていることです。

この製造方法に加えてコネクタドックにはもう1つ工夫がされています。

それはこの穴です。

エアホール1

何でこんな穴があるの??これにはちゃんとした理由があります。

これは空気穴なんです。真夏の直射日光などによりコネクタドック内の空気が膨張し破損しないようにする為に穴が空けられています。
もちろん穴の位置は水が入らないように設計されていますので安心してください。

浮桟橋の導入をご検討の皆さま。浮桟橋ならコネクタドックですよ!

——————————————–

株式会社ジェイエスピー レスコ事業部

〒444-0124 愛知県額田郡幸田町深溝大角豆田1-6
TEL.0564-56-0001 FAX.0564-56-0002
Website  https://www.resuco.com
Facebook http://www.facebook.com/resuco.jp

このページの先頭へ