コネクタドック(浮き桟橋)の製造工程

皆さま こんにちはレスコの壁谷(雄)です。

 

今回は浮き桟橋の製造工程のご紹介をさせて頂きます。

コネクタドック社の浮桟橋は他社の浮桟橋と比較して高い耐久性を備えております。

それは成形方法とコネクタドック特有の形状に理由があります。

 

いくつもある成形法がある中で回転成形加工を選びコネクタドック(浮き桟橋)を製造するのには理由があります。

回転成形加工の特徴の1つとして製品の厚みを均一に出来ます。

これにより他の成形方法である角の部分が平面部分に比べ薄くなり、強度が低くなるということがありません。

実際に使用している機械の1つがこれです。

rotational-molds

この製造方法に加え、他の浮き桟橋メーカーにはない特殊構造によりコネクタドック(浮き桟橋)は高い耐久性を備えております。

dockCrossSection

他社の浮桟橋がボックスタイプで中心部分が空洞に対してコネクタドックは下部が上部を支える構造になっており高い耐久性を備えております。

浮き桟橋ならコネクタドック 是非ご検討ください。

——————————————–
株式会社ジェイエスピー レスコ事業部

〒444-0124 愛知県額田郡幸田町深溝大角豆田1-6
TEL.0564-56-0001 FAX.0564-56-0002
Website  https://www.resuco.com
Facebook http://www.facebook.com/resuco.jp

 

このページの先頭へ