YAMAHA DFR-33に施工しました。 (デッキ編)

今回はYAMAHA DFR-33のデッキにフレキシチーク施工致しました。

施工内容は以下の通りです。

カラー:チーク

目地:ホワイト

マージン:有り

施工平米数:18.19㎡(アフトデッキ・トランサムステップ・ブルワーク

バウ:計4箇所)

2017年9月に発表されたYAMAHA DFR-33。

DFR-36・DFR36-FBは施工が御座いましたが、今回初めての施工となりました。

それでは早速画像をご覧ください。

まずはアフトデッキ部分です。YAMAHA艇の特徴的な部分でもありますが、

非常にハッチが多いです。

【施工前】

次に施工後をご覧ください。今回はハッチごとにマージン(外枠)を取付ました。

ここに関しましてはオーナー様のこだわりでデザインが変更可能です。

ブルワーク下及びキャビン入口までしっかりと施工しております。

【施工後】

実際に椅子やスパンカー・ロッドホルダー等のオプション品が追加された仕様も

ご覧ください。施工後ノーマルでご使用されるオーナー様、フィッシング仕様で

使用されるオーナー様への参考になればと思います。

【施工後オプション品取付後】

次にトランサムステップをご覧ください。

最近のYAMAHAの艇の特徴でもありますがノンスリップ部分が一段下がっております。

落下等も考慮したうえでの仕様になっているようです。

そして、リアラダー部分にハンドル及び固定ボルトがあります。

【施工前】

施工後はご覧の通りになります。段差部分ギリギリまで施工を行っております。

段差が気にならなくなりスッキリした見た目になります。

【施工後】

【施工前】

【施工後】

【施工後オプション品取付後】

最後にバウ部分をご覧ください。

【施工前】

【施工後】

ハンドレール・クリート部分は交わして施工を行いました。

イメージとしてはノンスリップが施工されている部分に施工を行った方が

基本的には綺麗なラインになります。(艇により異なります)

船舶用チーク調床材|フレキシチーク

こちらから電子カタログご覧いただけます。

自社施工例一覧はこちらから

↓↓↓♦新機能♦各施工箇所・施工イメージがご覧いただけます↓↓↓

デザインシュミレータはこちらからどうぞ

お問い合わせはこちらから

このページの先頭へ