レンタル艇・教習艇をずーっと安全に係留保管出来る方法教えます。

突然ですがレンタル艇や教習艇など使用頻度が高い水上バイクの毎回の揚げ降ろし手間じゃありませんか?

出来れば係留保管がしたい!そんなこと考えたことありませんか?

一度でもそんなことを思ったことがある方は是非、このブログの続きを読んでください。きっとお役に立てます。

 

こんにちはレスコの壁谷です。

毎年数台の入荷しか出来ていなかった水上バイク専用浮き船台のコネクタポート!

先日まとめて入荷しました!通常納期は2ヵ月程の商品が今なら即納可能です!

CAP_mainImage

2016年希望小売価格:\350,000(税抜)

 

現在、国内で流通している2.3人乗りの水上バイクであれば、ほぼ全てのモデルでご使用頂けます!

コネクタポートに水上バイクを載せれば、フラッシングも可能です。(慣れるまで工夫は必要ですが…….)

 

専用の固定キットもご用意があります。

■固定された桟橋用(干満で上下しない桟橋)

IMG_3339_1024

コネクタポートに取り付けられてない側を桟橋にボルトで固定します。

 

■フローティング桟橋用(干満により上下する桟橋)

IMG_3341_1024

桟橋側に必要な長さのポールを設置して、オレンジのローラーの間に通し、固定をします。

 

使い方はとっても簡単!

下記の動画から使用方法はご覧頂けます。

商品気に入って頂けた方は是非下記までお問い合わせください。

0564-56-0001(平日10:00~18:00)

ダウンロード

 

製品に関する詳しい情報は専用ホームページよりご覧ください。コネクタドックホームページはこちら

*タイトルに、ずーっと安全に係留保管と書きましたが台風などの影響で波風が強くなり水面が荒れてしまう場合はコネクタポートで係留保管が出来ない場合もございます。

 

では皆さまからのご連絡お待ちしております。

コメントを残す

このページの先頭へ